オススメトレンド生活情報局 

雪かきのコツ ~関東の大雪対処編~

この記事は約 3 分で読めます。

Sponsored Link

雪かきのコツ ~関東の大雪対処編~忘れているだけかもしれませんが、久々に関東でも
大雪が降りましたね(2013年1月14日)。

tokyoyuki

去年は確か降らなかったはず・・・。

いや?降ったかな・・いや降っていたとしても
積もってはいないですよね!

そうです。今年は久々にかなりの雪が積もったのです。

けれどこれが不思議なことに、車が走る道路はちゃんと
雪がなくなっているし、歩いて帰る道のりも
道を選べば何とか滑ってこけずに済むぐらいの状態でした。

何度かこけそうにはなりましたけどね。

やっぱり除雪車とか登場したんですかね?

お日様や親切(深雪だけに)などなたかのおかげで
雪かきをすることなく大雪を乗り越えることが出来ました。

雪掻きをしている方の姿も結構見かけました。

実際雪で歩けない!ってなったらみんなで強力して、
雪かきをすることは必須作業だったりするんですよね。

日陰で誰も通らない所は(1月17日深夜1時過ぎ)
まだ雪が残っていますから。

関東だから安心っしょ。って思っている関東在住のあなた!

甘い!

実際1951年には(いつの話や!)
33cmの雪
が積もっていますから!

一昨年も実は8cm積もっています。

⇒参考サイトはこちら



覚えてないな~・・・。

前置きが長くなってしまいましたが、今年がそうだったように
雪かきが必要になる時って、多分人生で数回、多分、あります。

なので雪掻きのコツについてのまとめをお伝えします。


■雪かきのコツ

・まずは手袋と帽子を装着(その他防寒を)

・腰と重心を落として、雪が少量のうちに
スコップで片付ける。
一度に大量の雪をスコップに乗せると
腰を痛める原因になるので注意する。

※とにかく凍ってしまう前に、通路ではないところへ
集めてしまいましょう。
以上です・・・。雪国の方たちはもっと高度なテクニックを
駆使していますが、関東ならばこのぐらいで大丈夫
でしょう。とにかく早さが命ですね。

スコップがない場合、チリトリとか
お盆や板だったりですくうしかないのですが、
気をつけないと腰を痛めます。

チリトリも気をつけないとすぐ壊れます。

やはり準備がないと大変ですね~。私は一人暮らし
なんですけどスコップなんて持っていません。

扉を開けたら雪が積もっていた場合どうすればいいのか?

数年に一度使うか使わないかわからない
雪かきの為にスコップを置いておくのも何か嫌です。

少し考えた結果・・・

滑らない長靴を用意しておく
という結論に達しました。

そしたら雪だけじゃなく大雨の日にも使えるし。

この結論は邪道でしょうか?

何か小学生の時以来履いていない、長靴が欲しくなってきました。


最終結論、長靴があると便利!

Sponsored Link

この投稿のトラックバックURL:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

*


è