オススメトレンド生活情報局 

GIGマーケットの新サービスは存在するの?

この記事は約 3 分で読めます。

Sponsored Link

GIGマーケットの新サービスは存在するの?

WS000181

 

笑っていいともで「おいしい仕事」が
何種類か紹介されていたそうですね。

その中でも「スキル(知識・経験)を売る仕事」
に興味を持った方は多いと思います。

 

スキル(知識・経験)を売る?

 

ちょっとイメージしづらい方も多いかもしれません。

とりあえずわかりやすいイメージを持つ為にも
以下のサイトを見てみてください。

GIGマーケットという現在休止中のサービスです。
↓ ↓ ↓
http://gigmarket.jp/

 

すごくないですか!?

中には

「私は500円で、一週間貴方の愚痴をお聞きします」

なんてものもあります。

これは以前紹介した、愚痴聞きビジネスの個人版ですね。

 

他も見てみると突っ込まざるを得ない
ひどいオファーも結構ありますね(笑)

 

とにかくどんなことでも

「需要さえ感じて貰えればビジネスになり得る」

ということがこのサイトを見るとわかります。

 

けどそれにしれもレベル低いものが
結構混じってるな・・・(笑)

それらのせいで何か怪しくなっているし、
これは続かないわ・・・。

 

GIGマーケットの代わりとなるもの

 

GIGマーケットは現在休止中だし(おそらく復活もしないでしょう)
新サービスや、
他に似たようなサービスは今のところなさそうです。

けれど別にギグマーケットに頼らなくても、
アイデア次第では自分で起業することも十分可能だと思います。

いいともで紹介されていた例としては、
「司会を上手にやる方法」などのセミナーを開き、
そこでもお金を貰い、
セミナーをDVDにして後日販売する
という手法が解説されていました。

 

情報を売るということを考えると
最近では個人でもAmazonKindleストア
電子書籍を売ることが可能ですし、
情報販売の infotopという老舗の
サービスも存在します。

なのでGIGマーケットなんてなくても、
上記のサービスを利用すれば
おいしい仕事ができるというわけです。

実際には宣伝だったり色々他にもやるべきことは
ありそうですけどね。

 

こういう世界もあるんだなーって
感じに思う程度でいいのではないのでしょうか?

ただ誰にも負けないスキル(知識・経験)
があって、やる気もある方は
一発逆転を狙って本気を出してみるのも
いいと思います。

 

あ~何かおいしい仕事ないかな~!!

Sponsored Link

この投稿のトラックバックURL:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

*


è