オススメトレンド生活情報局 

「ごめんね青春!」は勉強になる!?第1話のあらすじと感想

この記事は約 4 分で読めます。

Sponsored Link

「ごめんね青春!」は勉強になる!?第1話のあらすじと感想
あまりにも久々にブログを書きます。

クドカン(宮藤官九郎)脚本・錦戸亮さん主演のTVドラマ「ごめんね青春!」を観て久々にトレンディな気分になったので、ベタベタに感想なんかを書いてみます。

あらすじやネタバレを含むので、録画とかで観る予定の方は注意してくださいね。あと完璧なあらすじを求めている方の期待にも答えられないと思うのであしからず…。



荒いあらすじと甘い感想


舞台は2014年夏の静岡県。主人公は少子化により潰れそうな仏教系の男子校、駒形大学付属三島高校(通称:東校)の国語教師、原平助(錦戸亮)。

東校のすぐ近所に位置するカトリック系の女子校、聖三島女学院(通称:三女)と合併の話が出ているものの、三女は偏差値も低く仏教系で男臭い東校との合併を渋ります。合併するぐらいなら廃校になるほうがマシだと主張する生徒までいます。

そこで平助は

「3年生の一クラスを半年間だけ、実験的に共学クラスにしてみればどうか?」

と珍しく積極的な提案します。この提案が三女の教師陣に受け、合併の話が一気に進むことになります。


この話をクラスの生徒に持ちかける平助。生徒は嬉しいような微妙なような反応を見せます。

そんな男ばかりの世界に慣れきっている生徒たちに対して、平助は唐突に

「今はだれとも付き合えない。という女性と付き合える可能性は何%?」

という問題を出します。

これ正解は何%だと思います?

生徒の一人が

「わざわざ今はフリーだと宣言しているのだから50%!」

となかなか前向きな解答をします。なるほどー。前向きでいいな。確かに0%ではないよな…、なんて思っていると

「正解は0%」その心は「彼氏はいないけどお前とは付き合いたくない」が答えだと言い切ります。それはもうかなりの迫力で力説します。

「恥をかくなら少しでも早い方がいい。女性と向き合え。」

そう説得した結果、生徒は満場一致で男女共学に賛成するのです。

そしてめでたく、平助のクラスの半分が三女へ、三女から半分の生徒が東校にやってくることになりました。

ここまで平助が三女にこだわるのには理由があるのでした。


話は遡り2000年夏のこと。平助は三女の蜂屋祐子という生徒に恋をします。

親友のサトシの応援もあり、平助は祐子にラブレターを渡します。そして

「受験が終わるまでだれとも付き合わないって決めたの。友達からでよかったらメールください。」

という返事をゲット!

複数回のメールのやりとりを経て、平助は祐子を花火に誘います。しかしいくら待てども祐子はやって来ず、ひょんなことから三女の屋上に、サトシらしき人物と祐子がキスをするシーンを目撃してしまうのです。

涙目になりながら電話をかけて確認する平助。無常にもサトシはその電話を取ります。

「誰とも付き合わないって言ったじゃないか!!」

叫ぶ平助。先ほどの平助が出した問題の答えは自分の経験から出された答えだったんですね。切ない…。

そしてヤケクソになって放ったロケット花火が、三女の礼拝堂の全焼火事を引き起こします。

その火事の犯人として、その時三女の屋上にいたサトシと祐子が疑われ、二人とも行方をくらましてしまうのでした。

それ以降サトシとも祐子とも会うことはなく、トラウマを抱えたまま現在に至るというわけです。


話は現代に戻り、三女に乗り込む平助と生徒。めちゃくちゃ挑発的で口の悪い女生徒たち。

さあこれからどうなるのか!?

ってところで第1話は終わります。


タイトル通りの甘酸っぱい青春ものです


いやーここ最近(10年以上w)ほとんどTVドラマを観ていなかったのですが、甘酸っぱい気持ちでいっぱいになる素晴らしいドラマでした。テンポもよく笑えるシーンも結構あります。

個人的に、平助の兄(えなりかずき)の嫁役が中村静香ちゃんだったのは嬉しい誤算(?)でした。

こっそりと付き合っている、東校の海老沢ゆずる(重岡大毅)君と阿部あまり(森川葵)ちゃん。この二人のやりとりが甘酸っぱくていいのです。

「私もっと強引なのが好き!あまりのこと好きならもっと強引に奪ってよ!」

とか

「海老沢くんの前だけなの。ありのままのあまり(ややこし!)でいられるのは…。」

とか…

言われてー!こんなセリフ言われたかったよ…。ただ女生徒の前ではゆずるくんは散々な仕打ちを受けるんですけどね。青春、って感じやん…。女心は難しい。

平助がいちいち「祐子からもらった返事の手紙」「祐子とのメールが残った携帯電話」などをジップロックに入れて保管しているのも、女々しくて泣けました。

ところどころに入ってくる音楽も素晴らしい。

三女の生活指導が、祐子の妹の蜂屋りさ(満島ひかり)だったり、これから面白くなりそうな種がいくつか撒かれています。

平助はちゃんと過去を乗り越えられるのか!?

最近青春してないんで、このドラマを見て女心を勉強します。(出来るのか?)

Sponsored Link

この投稿のトラックバックURL:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

*


è